SLIDE C MIX ~3rd season

音楽と読書、仕事も恋も。

影++

嫌われたかな?
引かれたかな?
そんなふうに不安に思っても確かめることが怖くて。逆に「嫌われたかな?」とか「引かれたかな?」とか思っていることを怒られるかもしれない。


他人に好かれるのって、どんな感覚なんだろう。
嬉しいって思ってもらえるのかな? 迷惑だったり嫌がられたりするのかな? 好かれること嫌だったりしないかな。重荷に感じたりしないかな。

きっと、お互いに好きで付き合えたとしても不安は消えないと思う。最初は好きでいてくれたかもしれない。だけど、今は違うかもしれない。
相手に自分と同じように好かれたいなんて無理なんだ。そもそも相手に好かれることを望んだり期待したりすること自体が違うのかもしれない。

だけど、もし、相手が私に好かれることを嫌がったら?
今の私が思う「あなたが好き」っていう気持ちだけが確かなものなのに、それを嫌がられたら身動きとれなくなってしまう。



                                        • -

「こんなに言ってるのに僕の気持ちは伝わってないの? 伝わらないなら言っても言わなくても同じじゃん」



「僕もchankeyが居てくれるだけで、とても心強いし出会えて良かったなーって、いつも思ってます。

これから僕は何が出来るか分からないけれど、chankeyが傍に居てくれたら幸せだと思えるから二人が一番楽なペースでゆっくり歩いて行こうね。」
(2012年2月5日の日記より)

                                        • -


その言葉は今でも有効かな…。
人の気持ちなんて気付かないうちに簡単に変わってしまうこと知ってるから不安に思う。
私の気持ちは出会った頃と変わっていないし、むしろ強くなっていく。私は、renardと話しているだけで幸せだし元気になれる。


けど……、思っている以上に温度差があるのかもしれない。
renardに今でも好かれているって自惚れているのかもしれない。

いつも、いつ終わってもおかしくないって少しだけ覚悟してる。
私の気持ちが重すぎるから。
renardがそんなに私のこと好きじゃなくて、私のほうが「好き」の気持ちが大き過ぎたら…バランス悪いよね。
「好き」って気持ちを抑えたほうがいいのかもしれない。押しつぶしてしまうかもしれない。

ただ、私はrenardがいてくれたら幸せなんだけどな…。


覚悟しているというわりに確かめることが怖い私は、やっぱり弱い。


"実際ひとつの心を二人で共有することはできないので、お互いに思い合うなどというのは幻想に違いない。"

やっぱり、これが真理なのかな…。


嫌だな。
renardなら許してくれるって甘えているんだな。甘えても、欲張りになっても許してもらえるって。



…ま、たいてい私の不安大暴走は杞憂に終わるわけだ(-∀-)
だけど、私は弱いからいつ終わってもおかしくないって少しだけ覚悟してる。そうすることで自分を守ろうとしてしまう。