SLIDE C MIX ~3rd season

音楽と読書、仕事も恋も。

猫の気持ち

■引っ越すときは、何があってもわたしを連れて行ってね

「猫は家につく」なんていうけれど、わたしがあなたを選んだから、あなたのそばにいるの。家の中の生活になじんでしまったら、わたしは外では生きていけないの。


■わたしにはあなたの気持ちがわかるのよ

あなたが落ち込んでいるとき、寂しいとき、わたしにはすぐにわかるわ。そばでのどをゴロゴロ鳴らすしかできないけれど、わたしがいることを忘れないでね。


■わたしの時間は、あなたより早くすぎていくの
いつかわたしが年寄りになって、暗く冷たい静かな場所に閉じこもるようになったら、あなたとのお別れが近いかもしれないと気付いてね。ここからいなくなっても、あなたの中でわたしが生き続けることができるよう、わたしと暮らした日々を覚えていてね。


"猫を理解するための「10」の約束"より




やっぱり私は猫かもしれないなぁ。


私があなたを選んだから、あなたのそばにいる。絶対においていったりしないで。

あなたが落ち込んでいるときや寂しいときに、私はただ話を聞くことしかできない。だけど、私がいることを忘れないで。

もし、一緒に歩ける道が見つからなくても、私と出会ったことやたくさん話したこと、私があなたを大好きだってことは覚えていて欲しいな。