SLIDE C MIX ~3rd season

音楽と読書、仕事も恋も。

三日月に梯子をかけて、++

誰かを好きだと思うことに理屈や条件、理由なんかない。
大好きな人に「大好き」と伝えたくなるどうしようもなく素敵な感情に振り回される。でもね、それを受け止めてくれる人だから私は大好きになったんだよ。性別とか年齢とか立場とかじゃなくて、あなただから惹かれたの。「大好き」と言えば、「大好き」と返してくれる特別な人だ。


「大好き(*´艸)」

と、私が言って「僕も好きだよ」と返事をしてくれるようになったのは何かの心境の変化だろうか? 以前は、「そう思ってくれるのは嬉しい」とかくらいだったのに。最近は"好き"というストレートな好意の言葉をくれるようになった。特に何か変化があったような気はしないんだけど。まぁ、いいや。何かが良い方向に進んでいるといいなぁ。

私がそういうふうに自分の気持ちを伝えるのは確認というより、言いたいから言ってるだけだったりする(笑)




今日の一曲は、空気公団の「青い花」♪

同名タイトルのアニメは第一話だけ見ました。原作マンガのレビューがかなり良いから読んでみたいな。
最近、空気公団がお気に入りだからiPodでエンドレスリピートしてる。おかげで仕事中も脳内エンドレスリピート中(笑) 「夕暮れ電車に飛び乗れ」も気に入ってる。こうみえて音楽は雑食で演歌とヘヴィメタル以外は何でも聴ける。人に勧められたモノは、とりあえず聴いてみる(*^ー^*) 好きな人が好きなモノって興味あるし、自分も好きになれたらいいなぁって思うから。
ちなみに私がオススメするのは、まったりゆるゆる系スカバンドThe Miceteethっす♪ とりあえず「ネモ」と「いくつかの春の光」あたりから聴いてみてよ(・∀・)





そういえばしばらく会っていないな。地球の裏側にいても駆け付けたいもう一人のヒトに。
感情っていろんな名前があるしフクザツなモノかもしれないけど、私にとっては意外とシンプルで気に入ってるか気に入ってないかのどちらかしかないんだよ。テキトーに人付き合いして愛想笑いすることくらい問題も抵抗もなくするけど(むしろ、そっちがメインww)、なかなか本当に誰かを気に入るってレアな出来事だ。

男女問わず相手のことを気に入ってしまえば独占したくなってしまうけど、そうもいかないから苦笑いしたくなる。私にとってはただの友達じゃなくて"特別なヒト"。だけど、相手はそう思っていないかもしれない。だから臆病になってしまうんだよ。それでも好きだって思う。
贅沢だけど、私を独占してくれて私も相手のことを独占できるようなヒトに巡り会えたらいいなぁ。




"無理"と"頑張る"の境界線って何かな?

「頑張って欲しい。だけど、無理はして欲しくない」
「頑張りたい。そのためには少しくらい無理だってする」

私はそういう線引きが下手みたいでけっこうギリギリまで頑張りたくなってしまうタイプ(苦笑) 口では「無理」と言っても結局やってしまうんだから。意外と本当の苦痛って今のところ一回しか味わっていないみたいだ(それでもわりと笑っていたほうだ)。

今までってね、頑張っても頑張っても結果が出せなかったの。自分なりにしか頑張れなかったの。頑張って笑っても認めてもらえなかった。"私"を見てもらえなかったから、あの頃の私はもっと孤独だった。好きだと思い込もうと無理をしたヒトがそばにいても、さみしかった。彼が求めているのは私じゃない。一度ダメだと思ったら、それ以上傷付きたくないから目をそらすしかなかったよ。半ば自己暗示だったのかもしれない。「私は幸せ。私は彼が好き」だと心から思いたかった。だけど、私には高すぎる壁だったんだ。

だからね「幸せ」って思い込まなきゃいけないような恋愛は、もうしたくないんだよ。「頑張って笑わなきゃ」って必死になるような恋愛はしたくないんだ。素直なそのままの私でも良いと言ってくれるヒトを好きになりたい。そういうヒトに好かれたい。