SLIDE C MIX ~3rd season

音楽と読書、仕事も恋も。

やさしい声に恋して++

chankey2011-02-23

梅酒が好きだ(○´3`)
フランス生まれの梅酒の"プラムリキュール・ド・フランス・プルシア"が特別大好きだ。このお酒は、毎度お馴染みのジャズバーでいつも飲んでいて「マスター、いつもの!」と言えば通じるレベル(笑) フランスの伝統あるコニャックメーカーとサントリーがフランスならではの原料と製法で開発した梅酒らしい。熟成という言葉が合うような濃い味わいで甘くて飲みやすいからオススメっす。

で、部屋の模様替えを地味にやっているわけ。ちょっとしたバーみたいにしたいんだよね。高さがバーカウンターにちょうどいい造り付けの黒いサイドボードもあることだし。先日、バーカウンターチェアも買ったし。インターネットで探したらプラムリキュール・ド・フランス・プルシアが普通に売ってたから買っちゃった(*´艸) ボトルのデザインもオシャレだから飾っても良し☆ 届くのが楽しみっす。いろいろ飲みたいから少しずつお酒の種類増やしてみようかな〜。シェーカー振っちゃうようなお酒は作れないけど(笑)




本を読むことが好きだ(*´∀`*)
分厚い本を読みながらカフェでマッタリ過ごすことが大好きだ。もちろん好きなジャンルは恋愛モノ。気に入った作家の本をひたすら読んでいたりする。お気に入りは、村山由佳山本文緒。しかし、すでにけっこう読んでしまったので新しいお気に入りを模索中。
以前、知人に教えてもらった辻村深月の「凍りのくじら」(←2011年1月10日の日記参照)がおもしろかったから「スロウハイツの神様」を購入(*^ー^*) 上下巻という大容量=非常に楽しみだ。

スロウハイツの神様(上) (講談社文庫)

スロウハイツの神様(上) (講談社文庫)

スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)

スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)





どこか現実味がなくてふわふわとした物語。
私は女優じゃないから、その声に躍らされる。…なんて言うと「chankeyが望んだことだよね?」とrenardは少し怒るだろう。私たちをつないでいる線はどこか不安定で頼りない。だからこそ甘くて夢みたいなんだ。その甘さに溺れていくように。他人を受け入れるなんて自分をさらけ出すよりたやすいことだから。そうだよ、現実から目をそらして夢を見ているのは私だ。