SLIDE C MIX ~3rd season

音楽と読書、仕事も恋も。

precious days+

どちらかといえば、私の恋愛は"上書き保存"であるように思う。
昨日と今日の境目がないように過去も現在も未来も私の中では一本の線の上を進んでいくんだ。だからSLIDE C MIXも一日完結じゃなくて大きな流れの中の一日なわけよ。

yomogiとのメールを終えて日記を書こうとしていたら知人からメールが来てドキッとした(笑)
あの人…ね、もう少しで忘れられそうな気がするんだ。私の一番のヒトがちがうヒトになりそうな気がするから。そうじゃないのかな?って不安になる夜もあるけど、少なくともメールが来るってことは嫌われていないって思っても良いんだよね? ちょっとだけ心が揺れてきている。

お酒飲んでたときに「K田さん分が足りない〜(p´Д`q)。゚・」(※K田さん分=塩分や糖分などと同じ意)とかなんとか言ったけど、たとえ会ったとしてもどうこうするわけじゃない。K田さんよりyomogiのほうが包容力あるし気配りもできるし落ち着いているし感情表現もしてくれるし一緒にいて楽しいし落ち着くよ。だけど…、もはや私の心に棲んでしまったから仕方ない。"おまもり"だから。想うだけで前向きパワーが湧いてくるから仕方がないんだ。





楽団の練習終わり=私の日曜日は終わっていくわけよ。
よくよく考えたら春の演奏会に出られるかどうかは謎なんだよなァー(´・ω・`) 果たして仕事の休みが取られるかどうか…。

どうでも良いけど、練習会場を出てから陽気なオニーチャンに絡まれた(笑) 「某WOの人ですか?(*゚Д゚)σ」と。え? 私のファン??(←断じてちがう) 練習会場を探してさまよっていたのだろうか。楽器持ってるからそう思ったんだろうなぁ。某WOといえば偶然にも以前少しだけエキストラで出演したことがあるわ。今年の演奏会もトロンボーンがやばいとかで手伝ってくれーてメール来たけど、某吹奏楽団の練習で手一杯だから丁重にお断りした。オニーチャン…生ギター持ってキャップ斜めにかぶってたらどう見てもアヤシイ人やで(笑) 一部始終は楽団のメンバーにも見られていたらしく「絡まれとったね(・_・;)」と突っ込まれたし。

そんな私もなぜか1stさんに服装を褒められた。ハンチングがウケたのだろうか?(笑)

B----SKA!にもドラムはいるんだけど、なぜか楽団の人がドラムをやっていると妙〜にかっこよく見える(*´艸) もう一度言う。かっこよく見える!! いや、現にかっこいいから(爆)
基本的にトロンボーンは後ろに打楽器が来ない限り最後列に座ることになる。バンド全体が見渡せるから人間観察してるよ〜(σ´∀`)σ それにしてもお腹空いたな。ラーメンでも食べて帰りたくなるよね。減量中だから食べないけどさ。