SLIDE C MIX ~3rd season

音楽と読書、仕事も恋も。

少年のままの君で+

「はじめまして☆
自分はドラムやキーボードをやる者です☆
この度、新しくビッグバンドを結成します。スカパラのコピーから始めているのですが、もしよかったら一緒に音楽しませんか?(^O^)」


某バンドメンバー募集サイトからメールがきた。
管楽器のメンバー集めってホントに苦労するのよね…(-_-;) サックス吹きは比較的多いほうだけど、トランペット吹きは少ない。トロンボーン吹きなんかもーっと少ない! なぜだ!? 吹奏楽業界は、あんなに人で溢れているのに! なぜ、スカやジャズをやるヒトが少ないのか??


なんでだろーねー(-∀-;)


メールは、丁重にお断りのお返事をしまシた。B----SKA!と某吹奏楽団で手一杯だっつの!




吹奏楽の話。
私が好きな吹奏楽曲のひとつに保科 洋 作曲の「風紋」がある。
ちなみに1987年(=私が生まれた年)の吹奏楽コンクールの課題曲=今さら説明不要の超!有名な曲っす。中学生のときに原典版が収録されている保科 洋 作品集のCD買ったもんなぁ。初めて聴いたときは冒頭部でトリハダ立っちゃいまシた。

そんな「風紋」だけど、YouTubeをお散歩してたら素敵なアレンジを発見(*゚∀゚*)

クラリネット7重奏の「風紋」だとぉぉーッ!?Σ(゚□゚ノ)ノ
作曲者にお願いして編曲&演奏の許可をもらったらしい。というかクラリネットだけで演奏できるんすね…。しかも、かっこいい♪ 「風紋」の壮大な世界観がガッツリ出ていまス。Bravo!!(p´Д`q)。゚・ トロンボーンアンサンブルじゃできないよなぁ(笑)




過去を振り返ること=趣味だ(爆)

2009年3月11日の日記を読んでみた。あれから1年6ヶ月経って座右の銘は「素直になる」になった。私は弱いから強くなりたいと思う。自分を救ってあげられるのは自分だけだから。

でもね、好きな人といるときくらいはオリハルコンの鎧を脱いでも良いんじゃないかなって、やっと思えたの。強くなるってことは、さみしいと思う自分も泣いている自分も受け入れてあげられるようになることなんじゃないかな。私、ひとりでは生きていけないよ。こんな私だけど、好きな人の隣にいたい!