SLIDE C MIX ~3rd season

音楽と読書、仕事も恋も。

ROCK ON+

chankey、22歳の冬。


転職……。
まぁ、少しは不安もある(・_・;)
でも、辞めるって言っちゃったモンは仕方ないしぃ〜!
なんとかなるさ!じゃなくて、なんとかしないと生きていけないもんねぇ(笑)

仕事を失うと同時にこれから何だってできるんだと思うとワクワクしてくるんだよね。
楽観的な性格で良かったなぁ。
私は結果的に"なりたいモノ"にはなれなくても"やりたいコト"は精一杯やってきた。
不景気な世の中だけど未来は明るいゾ!
そう思わなきゃやっていけないって(汗)
このトンネルの先に夢の国が待ってるんじゃない。
私がトンネルを掘って、そこに私の理想郷をつくるんだ。

いよぉぉぉおおし!!(*>∀<)ノ
燃えてきたーッ!
しかし、仕事しながら就職活動も大変ね。お金はあっても時間がない(-_-;)
今、エントリーしてる音響会社…実は、専門学校のときに応募したかったんだけど、そのときは求人してなかったの。
なぜか今になって求人してる。
意外と1社目で決まったり……しないかorz
ここがダメだったときの候補考えとかなきゃなぁ。
あぁぁ、あっという間に3月が来る。



とりあえず目の保養にK田さんの後ろ姿でも眺めていよう(*´艸)
私が会社を辞めることを知ってるのは、まだ部長とか課長とかおエライさんたちだけ。
これで最後だから


K田さんに告白しまス!


職を失うことが決定している今、私にはもう失うモノなんてない。
このまま何も言えないままお別れなんて嫌だ。
玉砕しても何も言わずに後悔するよりずっと良いでしょ?
大丈夫。私、ちょっとは強くなってるよ。
あのときも泣いたし、いろんなモノ失ったけど、今の私は幸せなんだからっ☆




「あー…、先日はクッキーありがとうございました」

「すみません、ちょっと焦げてて苦いところとかありましたよね?」

「裏側がこんがりと(笑) あれは、ビターを目指したん?」

「あれでもあんまり焦げてないの選んで入れたんですよ! ホワイトチョコと普通のチョコ両方作ったけど、あんまりチョコの味しなかったですよね?(汗)」

「いや、甘さはあれくらいのほうが良い。……で、バレンタインをもらった俺はホワイトデーに何をお返ししたらいい?(*^ー^*)」

「えっ! いいですよ! そんな気ぃ遣わなくて」

「えー、そういうわけにもいかんじゃろ」

「じゃあー、ライブでワイヤレスマイク使うんですよぉ。2、3万 くらいの」

「…おい(-_-;) 何倍返しなん? それ」

「じゃあー…、一緒に遊んでください♪(*^∀^*)」

「へ? まぁ、今シフト一緒だから休みは合うから良いけど」

「わーいわーいヾ(*´▽`*)ノ」


こっ…これは……!

デートってやつですかい!?(*゚∀゚*)


だいぶ会話内容は省略してるけど、だいたいこんな感じ。
珍しくK田さんが仕事中に私の隣に座るからナニゴトかと思った。
お返し何が欲しい?って聞かれても困るもん(-ε-*)
むしろK田さんが欲しい(爆)

それにしてもチョコ(クッキー)…渡して良かったぁぁあ☆
迷惑かなーって渡すの最初は迷ってたんだよね。
ほんと良かった。私、頑張ったもん。渡すときめちゃめちゃ緊張したもん。
これくらいのご褒美あったって良いよね?
というかモノをもらうより遊んでもらうほうが嬉しいっす。