SLIDE C MIX ~3rd season

音楽と読書、仕事も恋も。

究極我ガ儘論

1年を振り返るには、まだ早いけど。
もうすぐSLIDE C MIXを始めて何気に4度目の年越しを迎えようとしているわけ。我ながらよくここまで続いてるなぁと思う。"にほんブログ村"の力も大きいと思うけど、アクセス数もぐんぐん上昇。そして何より嬉しいのは、一度ならず何度も訪問してくれている人がたくさんいること。実際にコメントをくれる人は少ないけど、それでも私の日記を定期的に見てくれている人がいる。スゴイことだと思う。ホントひとりひとりにお礼言ってまわりたいくらい。良かったらchankeyおすすめのカフェでお茶くらいしませン?(笑)

いつだったか「私はchankeyさんの書かれる文章好きですよ」とコメントをくれた人がいたっけ。あれは本当に嬉しかったなぁ。私の自己満足日記が誰かの心に響いているんだなぁって。


今さら言うまでもないけど、これからもまだまだSLIDE C MIXは続きまス。
トロンボーン吹きの練習記だったり遠距離恋愛記だったり社内片思い記?だったり変貌を遂げながら。というか、もはやchankeyの生き様!って感じだしね。2006年11月8日=初★日記から比べたら私も少しは成長したんじゃないでしょーか!?(笑) そうであってほしい…。あの頃も今も私はトロンボーン吹きで。きっとこれからもトロンボーン吹きだ。いっそ、SLIDE C MIX死ぬまで続けたいっ!(*>∀<)ノ リアルに結婚とか出産のときまで続いてたらガチで私の人生の記録だなぁ。


将来の夢=歴史に名を刻むこと

なんか大それた夢というかなんというか(汗) 私は欲張りだから私が死んだあとも「こんなやついたな〜」って思い出して欲しいんすよ。RADWIMPSの歌じゃないけど、


"僕のいた朝と 僕のいない朝は
どっか違っててほしい 少しだけでもいいから
僕が生まれてくる前と 僕が消えたあとと
なんか違っててほしい 世界は違っててほしい"
「バグッバイ」より/RADWIMPS


私が生まれようが死のうが、そんなことはおかまいなしに季節は変わる。"私"をおいてけぼりにして。私はちっぽけで無力で儚い存在だ。だからこそ精一杯生きていくんだよ。

うぅむ…、相変わらず何が言いたいんだかワカラナイ文章になったけど(-_-;)



私は"ここ"にいる。


そういうことでス。