SLIDE C MIX ~3rd season

音楽と読書、仕事も恋も。

これからを++

「私は大丈夫だから」


って、何が大丈夫だったんだろう(苦笑) 一夜明けて意外と平気?と思ったけど、自分が気付いていないだけでかなり落ち込んでる気はする。胸の奥に鉛というか重りを抱えているような…。
やっぱり臆病な私は最後の最後でも私は良い子で本当のことを言うことが怖かった。

まったくもー! 泣きたいのはこっちだっつの!(笑) それでも、バカみたいだけど"私との別れ"で泣いてくれて嬉しかったよ。n2くんにとって私と付き合ったことは"良い思い出"になったんだな、って。

キレイ事ばかりならべているけど、泣いてたって仕方ないんだ。もう彼がプレゼントしてくれた指輪もネックレスもブレスレットもとりあえず見えない場所に片付けたよ。何もまともに"彼女"らしいことしてあげられなかったけど…、私はn2くんと付き合えて良かったよ。


強くなりたいな。
ちゃんと好きな人と真正面から向き合える強さが欲しい。本当のことが言えるように。
決意のしるし…って言ったら語弊があるかもしれないけど、朝イチで自分に指輪とネックレス買ってきたよ。私が好きなPATRICK COX。「chankeyちゃんは女の子らしい華奢なアクセサリーが似合う」と言った彼が絶対にプレゼントしてくれないようなちょっとゴツめのやつをね。

失恋なんてよくあることだ。大丈夫。また前を向いて歩ける。



朝にPATRICK COX行って昼から仕事してるんだけど、実際のところ思った以上に動揺している。落ち着かない。声震えてませン?(汗) 気分悪い。なんでかな、仕事してるのに集中できなくて。ふっと彼の笑顔が頭に浮かぶ。だから落ち込んでも仕方ないんだってば。しっかりしろよ、私。考えてもよけい落ち込むだけでしょぉお。未練がましい日記なんか書いてんなよ。

なんで!?なんで!?って発狂しそう。叫びながら走り出したい気持ち。何も考えたくないのに、前向きにならなきゃいけないのに、まだ彼のことばかり考えてる。今さらどうしようもないし、どうすることもできないんだよ。わかってる。本当に終わったんだ。なんで終わらせちゃったの…?


頑張れ、私。笑わなきゃ。
誰も助けてくれないし、私を救えるのは私だけなんだから。元気出せって!


嫌だ。夜がくることが怖い。


「本当に困ったときは相談のるから。力になるから」

そんなキレイ事は要らない。なんで一番そばにいてほしいときにいてくれないの!? 今いてほしいのに!! 嫌だ。ひとりにしないで。