SLIDE C MIX ~3rd season

音楽と読書、仕事も恋も。

アメイロノキミ

さて、ブログの詳細説明がやたらと詳しくなったことに気付かれた方いらっしゃいまスでしょうか?
SLIDE C MIX…"トロンボーン吹きの遠距離恋愛記"と銘打っているにもかかわらず、なんとなくトロンボーン吹きは見てくれていないような気がする(笑) 恋愛話のほうがメインだからなぁ。ウチは"日記"であってブログではない=所詮、自己満足だからとことん掘り下げた話題も展開。トロンボーン未経験&吹奏楽未経験の方には謎の話題もときどき出るけど、そこはサラっと流してやってよ(笑)



トロンボーンの話。
昨日のジャズレッスンでヴィンテージもののKING 3Bを吹かさせてもらった(ちなみに私が使っているのは、KING 2B)。2Bと3Bはベルの大きさが違うから一目でわかる。新品のキラキラ感が好きだから、今まであんまりヴィンテージって魅力を感じなかったんだけど


惚れた(*´艸)


元々、イエローブラスじゃなくてゴールド寄りだったんだろうけど長い年月をかけて変化したと思われる飴色のボディ。渋い。昔懐かしのKINGのバランサー。スライドのコンディションは最高…。文句ナシじゃないか。よく吹き込んであるからかめっちゃ吹きやすい☆ しっかり楽器が振動して素直に音が出るって感じ。

私の2B、中古だけど新古品っぽいからなぁ。キズもヘコミもないし。見た感じあんまり使われなかったか展示品だった感じ? 見た目が新品そのものだけにあのスライドの滑りの悪さが気になって気になってしょーがない! ストッパーを外した状態でスライドがスムーズに落ちないトロンボーンなんてトロンボーンと呼べんわ!!(←近々、修理に出しまス…(泣))

ヴィンテージ3Bは、やっぱり私の2Bと比べると音色がやさしい。ゆったりしっとり系のジャズに似合いそう♪ しばらく手元に置いておくって先生言ってたから、また吹かさせてもらおうっと。私の2Bもいっぱい吹き込んで早く良い感じにしなきゃね(*^ー^*)