SLIDE C MIX ~3rd season

音楽と読書、仕事も恋も。

To You.



一方その頃chankeyは…まだにやけていた(*´艸)
前回のデート(=2009年3月22日の日記参照)がよっぽど楽しかった様子。晩ゴハンは二人で買い出し行ってサーモンのクリームパスタを作ったんだ☆ やっぱり二人で料理するのは楽しい。外食するより断然経済的だしね。

「どしたん? 最近、やたらと甘えるじゃん」
「ん〜。充電中なの」

いつからかな。私がこんなふうに彼に甘えることができるようになったのは。
付き合い始めた頃は手を握るのも勇気が要ったし、恥ずかしくて自分からは握れなかった。付き合ってもうすぐで1年になるけど、今みたいな気持ちになれたのは去年12月末〜今年1月くらいじゃないかな!? 去年10月頃でさえ「俺のこと怖い?」とか「俺には素直に思ってること言っても良いんだよ」とか言わせちゃってるからなぁ。今は彼のこと怖くない。もちろん嫌われてしまうのは怖いけれど、なんとなくちょっとやそっとじゃ嫌われない自信(?)がついたのかな。好きだと自覚してからもいつもどこか不安だった。今でも彼は私のこと好きでいてくれているのかなって。私が今みたいな気持ちになれたのは去年12月末の一連のゴタゴタ(←2008年12月27日〜31日の日記参照)以来。リアルに別れを考えたことも少しだけあったけど、あのゴタゴタも結果オーライだったと思える。もうn2くんのこと怖くないから。

私が最近やたらと甘えるのは、君が遠くに行ってしまうからだよ。
君のかたちとかぬくもりとか、しっかり覚えておきたいんだ。さみしくなったときに思い出せるように。確かに私が君の隣にいたってこと。私が愛されていたこと。お互い様だろうけど少しだけ不安になるんだよ。東京で仕事しながら音楽活動に専念すると言っていた彼。私のときみたいに、その音楽仲間のことを好きになってしまわないかって。心配になっても仕方ないから私は君を信じて私も音楽活動頑張るよ。私こそ人のこと言えないし(爆) こんな私でも彼は信じてくれているから。君の隣に自信を持って立てる日を目標に離れていても頑張るよ。今はお互いどれだけ好きだと言っていても先のことは分からない。

「4年待っていて」

4年間なんて、あっという間かな。それとも、お互いの気持ちが変わるには十分な時間かな。これからさみしくなったり悲しくなったり、喧嘩したりぶつかったりいろいろあるかもしれない。でもね、今の私は4年間待てると思うんだ。私の中でn2くんが好きだという電池が切れない限り。君が好きだという気持ちがある限り頑張っていけると思うんだ。

いつか、この日記を読み返して「私も馬鹿だったなぁ」と思うときがくるかもしれない。馬鹿でも良いから、少なくとも今の私はn2くんのことが好きでずっと一緒にいたいと思ってる。結末が結婚になれば、それはそれで純愛というか美しい話な気はするけれど。もし、別れという結末だとしてもn2くんと付き合ったことを後悔することはないと思うよ。こんな終わりを迎えるくらいなら好きにならなければ良かった!と思っても私が好きになった彼だから。「実らないものを育てても仕方ないだろう」というのは他人の意見だ。現に私はn2くんと付き合い初めてから少しずつ外見も中身も変わりつつある。それだけでも十分意味はあるんじゃないかな。

後で思えば、試すようなことをしてしまったかなと思った。でも、彼は私の浅はかな誘いには乗らなかったよ。私の軽い好奇心や一時の感情に流されず、大切なものを見据えていた。私のことも自分のことも大切にしていた、そんなふうに感じたよ。

私を好きになってくれて、私の好きな人になってくれて、ありがとう。これからもよろしくね。大好き。