SLIDE C MIX ~3rd season

音楽と読書、仕事も恋も。

楽団の練習7


彼と付き合うようになってから自分のことを少しだけ理解し始めている気がする。

私は私が思っていた以上にさみしがりやだったんだ。元々ひとりだったから"サミシイ"なんて気持ちはそこまでなかった。そりゃあ、ときどき人恋しくなるときもあったし心から好きだと思える人がほしいと思っていた。恋がしたかった。誰かを愛したかった。だからEuKさんを好きになったんだよねぇー。もちろん今でもEuKさんは好きだし、永遠の"心の師匠"だし。今日も隣で吹いてて激しくかっこよかったし。でも、やっぱり恋にはならなかった。私は簡単に人を嫌いにはならないけど、簡単に人を好きになることもできないから。

彼が私のところにきてくれて良かったと思う。きっと、これで終わりじゃないし私にとっては通過点かもしれない。いろんなことを考えるけど、シンプルに言うと「彼の隣にいたい」。
いつからだろう、こんなふうに思うようになったのは。彼に初めて「好き」だと言ったのは、いつだっただろう。

やっぱり私は、さみしがりやだからフラフラしてしまう。満たされないと分かっていて甘いものばかり欲しがる。…でも、それでもいいんだよね? それで私が彼の前で笑顔でいられるなら。こんな私を信じてくれている彼を裏切るようなことはしない。ちゃんと理性もあるし、彼のことを思い出すことができるから。…ただ、梅酒ロック100%のときのことまで保証はできないけれど。もし私がどんなふうになっても彼のことは好きだと思う。たぶん。



楽団の練習の話。
市民バンドフェスティバルでやる「カーニバルのマーチ」と「吹奏楽のための抒情的『祭』」の合奏♪ 祭つながりっすね。「カーニバルのマーチ」はCD持ってるから知ってる。ちなみにこの曲は今から20年前、1988年の吹奏楽コンクール課題曲。個人的に課題曲は昔のもののほうが好き。

コンサート・マーチ「テイクオフ」
ムービング・オン
スター パズル マーチ
マーチ「潮煙」
ディスコ・キッド
風紋
音楽祭のプレリュード
高度な技術への指標
ポップスオーバーチュア「未来への展開」

思いつくままに挙げてみたけど、私が好きな音楽の傾向って分かりやすいな(笑) 「ディスコ・キッド」と「風紋」は、いつかやりたいっすね。

ちなみに最近のもので好きなのは、
マーチ「ベスト フレンド」
エアーズ
サード
吹奏楽のための「風之舞
海へ…吹奏楽の為に
マーチ「ブルースカイ」
マーチ「春風」
などなど。好きっていうより思い入れがあるのかな。「サード」以外は演奏したことあるし。アツイアツイ夏のお供に課題曲は欠かせないっすねー(←小編成出身者)。

ついでに過去に吹奏楽コンクールでやった自由曲も挙げてみる。

バレエ組曲「風変わりな店」より
謝肉祭
はかなき人生
バレエ音楽「三角帽子」より終幕の踊り
アパラチアの春
ラザロの復活
ローマの祭
バレエ音楽「三角帽子」

懐かしいぃー。オリジナルも邦人作品も1曲しかないじゃん。みんなアレンジ好き? 「三角帽子」は高2と今年(一般3年目)の2回やってる。編曲がちがうからかなり違った印象だったけどね。最初に挙げている2曲は中学校のときの曲。やっぱり小編成っぽいなぁ。中学も高校も木管が上手いバンドだったせいか金管が活躍する曲は、やってないね。トロンボーンなんかもっと活躍しない(笑) 特に「アパラチアの春」は出番が少なかった!

来年は何やるんだろう。