SLIDE C MIX ~3rd season

音楽と読書、仕事も恋も。

きみの手


仕事の話
特に土日に出勤すると思い知らされる。なんて女性の少ない職場なんだろう、と。土日だと普通に女性は私だけ!という状況あるからなぁ。別に、だからどうこうってことはないけど。周りは比較的若い人多いから楽しいし、やさしいからね(chankeyの感覚だと35歳未満は若い男性と位置付けされる)。自覚はしているけど、私は男女問わず年上ウケが良いみたい。ありがたいことでス。これからも可愛がってやってくださいね☆


やっぱり真ん中に休みがあると一週間が早いみたい。
仕事が終わって彼と街をぶらぶらして晩ごはん食べてドライブしてきたわけ。晩ごはんのお店を選んでいる最中に会社の人×3に遭遇!(゚Д゚; あっちは何ともないだろうけど、こっちは若干気まずい…。まぁ、別にいいんだけどさ。楽団の人じゃなかっただけ良しとするか。

何やってんだ、二人して(-_-;)
なんかアホすぎる…。それまでの良い雰囲気(?)が一気に笑いに。こうやって、いろんな経験をしていくんだよな二人で。ときどきはハズレがあったっていいじゃないか。必ず終わりはあるだろうけど、どこまで未来があるのかは誰にも分からないから。だから、彼といるときは難しいこと考えるのやーめた。嘘だってついても良いよね。自分を救ってあげられるのは自分だけだし! 相手を見つめることは勇気がいるけど、そうしなきゃ前には進めないでしょ。自分から壊しに行く必要はないだろうけど。やっぱり私は私の世界で生きているから。この先、彼と付き合っていても不安とかさみしさとかが消えることはないだろう。「彼は今でも私のことを好きでいてくれているのかな?」そんなことを考えなくなる日は永遠に来ない気がする。それが恋愛ってものなのかなぁ。

難しいことは考えないけど…私は彼とどんな別れをするんだろう。