SLIDE C MIX ~3rd season

音楽と読書、仕事も恋も。

poisonous apple


どうも。某ハンバーガー店のクーポンも使ってるchankeyでス( -∀-)ノ

「相手の目を見て話を聞きましょう」
とかなんとか小学生の頃に言われたような気がしないでもない。でも、最近知ったのだけどあまり良くないことらしい。ネクタイの結び目を見ろとか眉間を見ろとかあるらしい。

私と会話したことのある人なら分かってもらえるかもしれないけど、基本、chankeyは相手の目を見つめまくっている。やっぱり、それが一番自然じゃないだろうか。そのほうが相手の表情だってよく見えるし。

ただ、私の場合…会話云々というか無意識に目で語ることが多いみたい。
「そんな目してどうしたの?」
「なんか悲しそうな目をしてたから…」
「そんな目で見るな!」
なんてことは、よく言われる。自分の気持ちを伝えるために日々がんばってます。


今の私が求めているもの。
それは、私の気持ちを受け止めてくれる人なんだ。落ち込んだりさみしくなったり…。
ひとりはさみしい。
自由奔放で束縛されるのが大嫌いな私だけど。まだまだ寒さが続くせいか人恋しくなる。恋してるわけじゃないのに「好き」って気持ちでいっぱいになる。ほんとは誰でもいいのかもしれない。私を抱きしめてくれるなら。


…はっ(゚Д゚;
いかんいかん、なんか軽く爆弾発言じゃないかワタシ。求めてばっかりじゃダメだよ。ただの依存になっちゃうからね。


chankey「大人の世界につれて行ってください!」
Yさん「どんなのが大人なの?」
chankey「うー…具体的にナニってのは思い付かないけど…。あ、大人の世界は大人にしか分からないんじゃないですか?」
Yさん「んー…男と女でも違うだろうしねぇ。夜遊びとか?」
chankey「あぁ、夜遊びたいですね!」
Yさん「俺の友達がやってるダイニングバーだったら連れていってあげるよ」

お、大人の世界だ…(*゚□゚*)
会社で同期のYさんとのやりとり。バーとか行ったことないし緊張しそう。そのうち連れて行ってもらおー☆


なんか今の私って、ちょっと危険な状態じゃないか?(汗) 顔は笑ってるけど。…深く考えすぎかな。 でも、今だったら簡単に流されてしまいそう。ちょっと優しくされただけでも人を好きになってしまいそう。