SLIDE C MIX ~3rd season

音楽と読書、仕事も恋も。

舞台監督と誕生日会

今日は、学校の友達が某焼肉店にて私の誕生日会をやってくれた(*^∀^*)みんなホントに肉を食いたいんだなぁ(笑)

ラストオーダーの後、ケーキ登場!! まぢ感動したし!実は、けっこう涙もろいヒト(照)おいしかったよん☆そして甘かった…

みんな本当にありがとう!!これからも、いろいろと迷惑かけるだろうけど、よろしくね★


Dreamer Concertの話。
毎度お馴染み、またコンサート実習の季節がやってきた。Dreamer Concertとは、出演、音響、照明、映像、制作の全てを学生だけでやる実習のこと。年に2回あって2年生の私は、既に3回とも制作部門を担当している。過去にやった仕事は、マネージャー、舞台監督サブ、受付&出演などなど。

と、まぁ一通りのことは経験したわけっすよ。当然、今回も制作をやるつもりで本番日は気楽に受付とかやってようかな〜と思っていたんだけど…

予想外なことに!
なんと舞台監督をやることになってしまったぁーッ!!!!(/;゚ロ゚)/

みんな、本当に私でいいのか!?

確かに客観的に見てクラスの中で舞台監督をやれそう(?)なのは私だと思うよ。ただし、制作のことは、だいたい分かるけど他の部門のことは、さっぱり分かりませン。
みんなに背中を押される形で舞台監督に決まったけど、結局は自分が決めたことだ。でも、私はみんなみたいにしっかりしていないもん。頑張ろう、頑張りたいと思うけど不安でいっぱいだよ。あのW氏の怒りを一身に受けるのかと思うと…(/- -)/(←W氏は、いつもやさしくアドバイスや指摘をしてくれるんだけど、語気が荒いのでス)今までの舞台監督を近くで見てきたからこそ、不安は数え切れないくらいある。

何にしてもだけど、今まで私がトップをやらなかった(やれなかった)のは、責任を取ることから逃げていたから。自分のことを"責任感が強い"と言っているのと矛盾しているようだけど、やはり大きな仕事を目の前にすると臆病になるものですよ(・_・;)

トロンボーンのソロもしかり。
大変なことは大きく変われるチャンスだけど、さっきも言ったように人間は大きなチャンスを目の前にすると臆病になる。

でも、「やらない」って言える空気じゃなかったんだよ?(笑)まぁ、専門学校生活最後に一花咲かせようじゃないか!!

というわけで、ここに舞台監督chankey誕生(´∀`)皆さま、よろしくお願いします!!