SLIDE C MIX ~3rd season

音楽と読書、仕事も恋も。

この世界のどこかで

読み終えました。

 

三日間の幸福 (メディアワークス文庫)

 

なんだろう。

読み終えて一言言うならば。

 

 

愛しい。

 

 

そんな三日間の幸福。

 

ざっくりあらすじ。

背表紙に書かれている内容です。

 

 ーーーーーーーーーーーーーーー

どうやら俺の人生には、今後何一つ良いことがないらしい。

寿命の”査定価格”が一年につき一万円ぽっちだったのは、そのせいだ。

未来を悲観して寿命の大半を売り払った俺は、僅かな余生で幸せを掴もうと躍起になるが、何をやっても裏目に出る。空回りし続ける俺を醒めた目で見つめる、「監視員」のミヤギ。彼女の為に生きることこそが一番の幸せなのだと気付く頃には、俺の寿命は二か月を切っていた。

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

読書感想文を書くのは苦手。

 

抽象的な言い方しかできないけど、あたたかみのある物語だなと思った。

寿命を買い取ってもらうという非現実的な設定なんだけど、どこかリアリティのある、血の通った人間の物語。

 

そこで生きている、人の体温みたいなものを感じた。

 

んーーーー、語彙力なくて言葉が出ぬ(;´Д`)

うまく言えないけど、好きなお話です。

 

大切な人のために何かをしたいという気持ち。

お互いがお互いを大切に思う気持ち。

 

もう一回読みたい。