SLIDE C MIX ~3rd season

音楽と読書、仕事も恋も。

何者にもなれず何者でもないわたし

どーでもいいけど、うちの会社のエレベーターは容赦なく人を挟んでくるから怖いw

よく挟まれて痛い思いをしている。

普通は何か挟まったら開くんじゃないのかw

うちのも一応は開くけど、しっかり挟んでから開く(´-ω-`*)

 

さてさて、仕事終わり!

明日は休みだぜぇーーーー!! 

 

 

 

で、読み終えました。

 

ほかならぬ人へ (祥伝社文庫)

 

褒め言葉だけど、解説が! 長いです!( ゚Д゚)

本編を読み終えて残ってるページの厚みが…w

 

 

そう。

 

恋愛や結婚における問題が起こるのは、“ちゃんとした組み合わせ”である“ベストの相手”に出会えていないから。

 

この世界のどこかにたった一人自分にとっての“ベストな相手”が存在していると信じたくなるけど、多くは“ベターな相手”を探すことしかできない。

 

そもそも“ベストな相手”ってなんやねん?

どうしたら相手が“ベストな相手”ってわかるねん?

 

そんなふうに、いるかどうかも何者かもわからない人間を探すなんて無理だろうw

 

だから、わたしたちは“ベターな相手”が“ベストな相手”になるようにお互いを赦し理解し合おうとして生きていくしかないのかもしれない。

 

わたしが何者であろうとも、相手が見ているわたしがすべて。

あなたが何者であろうとも、わたしが見ているあなたしか知ることはできない。

 

 

私は、いろいろ考え過ぎちゃうから。

 

「理由なんかないけど、ただ、あなたが好き」

「あなたが好きだからあなたといたい」

 

そんな純粋で本能に任せたような恋ができないんだなーヽ(´ー`)ノ

 

好きなら好きでいいじゃん!

なんて思えないんだなー。

 

いろんなことを考え過ぎて、恋愛感情かどうかわからないって思っちゃうんだなー。

 

前も言ったけど、世の中の結婚とかしちゃうカップルはすげーです。

魔法は、いつかとける。 - SLIDE C MIX ~3rd season

 

普通に考えて、“ベストな相手”だという証拠を見つけたってことでしょ?

すげーわ(´-ω-`*)

 

私もいくつか恋愛をしたけど、どれだけ相手のことを好きだとしても結局は自分を牢獄に閉じ込めるような恋に思えてならなかった。

まぁ、恋愛中はどうかしちゃってからそうは思わなかったけど、終わってみるといつもそんな感じで。

 

そんな恋ならしないほうがいいな!って思う。

その結果、恋愛に対してやる気が出ない私なのですヽ(´ー`)ノ