SLIDE C MIX ~3rd season

音楽と読書、仕事も恋も。

ハリネズミ

今日のライブは台風の影響のため中止です。
とはいえ、元々リハのためにスタジオは予約してたから昼に軽くみんなで練習?したわけです。
それからみんなでランチに行ってカラオケに行ってきたわけですよ。
そして、私は一人電車に乗って帰路に着くわけです。


すごく楽しかったんだ。
でも、こうやって帰りながら今日の自分を振り返ると、なんとなくあの場に自分が相応しくなかったような気がしてしまう。
楽しかったのにねぇ。
賑やかな場所が自分には似合わないと思ってしまう。
そもそもバンドとか向いてる人間じゃないと思っているし。
難しく考え過ぎだとは思うけど…。
私は何に対してコンプレックスを抱いているんだろう。
あとからちゃんと普通に人と接することができていたか不安になるんだよね。
みんなといるときは普通に笑ってたし楽しかったのに。終わると一人反省会をしてしまう。
いつもそうだ。


暗いな、私w(-∀-;)
やっぱり他人が苦手なんだよな…。
たぶん、相手が誰であっても。
自分で孤独を選んだくせに、それに対して少しだけため息をつきたい気持ちになる。
手に入らないものを欲しがっても悲しいだけだ。


救いの手なんか存在はしない。
救いの手があるとしたら、それは自分で掴みにいかなきゃいけない。
どうやって…?(-∀-;)
私に何ができる??
たぶん欲しいものを手にいれるって、ものすごく大変なことなんだよな。他人が簡単に手に入れているものでも私が手に入れるのは難しい。


こうやってグズグズ言ってることしかできないなら何も言うべきじゃないだろうけど。
まぁ、この日記にくらいは素直な気持ちを綴ろうと思うんすよ。
どんなに、どうしようもないネガティブなことでも。
いっそのこと携帯電話を捨てて誰も私のことを知らないところに行ってしまいたいとさえ思ってしまう。まぁ、そんなことはいつでも簡単にできてしまうだろうけど。


誰にも会わず誰とも話さず、小さな小さな自分だけの世界で生きるというのも悪くないかもしれないね。
まぁ、実際に全部を終わることになったら抵抗するだろうなw
できないことを考えても仕方ないだろう。


なんで、こんなふうにしかできなくなっちゃったのかな。
まぁ、自分でなんとかするしかないな。
見た目も性格も知能や楽器の演奏技術も。
楽器が下手で、しかも頑張っても結果が出せなかったことをいまだに私は引きずっているのかもしれない。劣等感の塊だった自分を。


情けないね。


今月末にもライブをやる。
無様な演奏をしないように頑張ろう。




たぶん私が欲しいのは、好きな人に好かれているという自信なんだと思う。
たぶん嫌われてはいないんだろうなとか、たぶん好かれているっぽいなとかじゃなくて確固たる自信が欲しい。
そんなものを手に入れるのは難しいだろうし、どうやって手に入れられるのかもわからないんだから。
好きな人に「好き」って言われたら幸せだし嬉しいけど、それで自信が持てるわけじゃない。