SLIDE C MIX ~3rd season

音楽と読書、仕事も恋も。

星の砂+

友達が欲しいなぁ、とか思ったり。
気軽に一緒にカフェとか旅行に行ったり、変に気をつかわず本音で会話ができる友達。たまにバカ話して、はしゃいで大笑いしたりとか。大勢は苦手だから、たった一人でいい。いわゆる親友っぽい人が欲しい。


まぁ、私にとってはrenardさんが親友でありお父さんのようでもあり、大好きな人であるわけだけど。
女の子の友達が欲しいです。


友達…いないわけではないんだけどね、以前の会社の友達とかバンドのメンバーとか専門学校の友達とか。だけど、やっぱり壁があるし(←作っているのは自分自身だと自覚はあるw)、けっこうビクビクしながら付き合ってるからなー。嫌われていないかとか本当は、どう思われているんだろうとか…気にしちゃうタイプなんすよー(-∀-;)


もともと大して他人に興味がないというのもあるけどw、そういうの気にしたくないから壁を作ってしまうし、どう接していいのかわからなくなる。


まぁ、本音を言えば恋人…というかrenardさんが欲しいんだけどw
今のところ、それが叶わないからたまにさみしくなるし不安にもなるんだよ。それは仕方ないって理解はしているんだけどね。
核心を突くことは怖いし、私には何もできないし身動き取れない。


renardが私のこと大切に思ってくれているのは感じられる。それは素直に嬉しい。
けど、それだけじゃ未来がないような気がする。


私の将来の夢は、大好きな人と生きていくこと。
だから大好きな人の隣にいたいし触れたいし、笑顔が見たい。でも、その大好きな人は誰でもいいわけじゃない。
今の私にとって、大好きな人=renardなわけで。でも、renardを求めることは私のワガママだし、renardに何かを強要したり責めるようなことしたくない。renardがrenardの意思で私を求めてくれなきゃ意味がないんだ。


renardの気持ちを理解したい。


renardの将来の夢って何なんだろう。
renardが本当に望んでいるものは何なんだろう。
…それを悩んでいるようにも見える。








親友…とは呼べないし、そもそも女の子でもないけどw、それでも大好きな友達はいるんだ。



テンション☆アゲアゲ〜↑↑(*゚∀゚*)


とりあえずGっちゃんとK田さんはライブに来てくれることになったヾ(*´▽`*)ノ めっちゃ嬉しい♪ GちゃんはともかくK田さんが来てくれるとは思わなかったw ちょっと緊張するなぁ(K田さん、元トロンボーン吹きだし)。


で、仕事が終わってK田さんとカラオケに行ってきた。なんだかんだ4時間くらいいたw
なんか、いろいろ考えてたこと吹っ飛んじゃったよ。すごく楽しかったし、癒された。もう恋ではないけれど、やっぱりK田さんは特別だと思う。



こんなハッピーな夜は、renardさんの声が聞きたくなります。いろいろ未来のことは不安だけど、今は今を楽しんでいればいいよね。
私は、renardのことが好き。
renardも私のことが好きだと言ってくれている。
今は、それだけで十分だよ。


そんな私は、今日もrenardさんのことが大好きです。
これからも私は、ときどき不安を感じてしまうだろうけど、renardがいてくれたら大丈夫だよ。