SLIDE C MIX ~3rd season

音楽と読書、仕事も恋も。

糸+

読書の秋ですね(・∀・)
そんなわけで今日の一冊は、

有川 浩 著
「レインツリーの国」

レインツリーの国 (新潮文庫)

レインツリーの国 (新潮文庫)

                                        • -

「忘れられない本」をきっかけに始まったメールの交換。
僕は、あっという間に、どうしても彼女に会いたいと思うようになっていた。だが、彼女はどうしても会えないと言う。かたくなに会うのを拒む彼女には、そう主張せざるを得ない、ある理由があった……。

                                        • -


そんなネットから始まった恋愛のお話。
"他人とぶつかり合う勇気"がテーマの作品かな。


他人に理解できない辛さを抱えていることは誰だって同じ。

主人公の二人は、互いに傷つけ合って苦しんで、様々な悩みを抱えながら、お互いを知ろうとする。
僕らは他人である以上、決して全てが分かり合えることはない。

主人公たちの状況が今の自分の状況と重なるから…。痛々しくて目を逸らしたくなる場面もあった。


自分と他人の間には壁がある。

「相手の負担になりたくない」とか「自分のことで悩ませるのは嫌だ」とか本当に思うなら自分から手放すほうが良いんじゃないか?

何よりもそれで苦しんでいるのは自分じゃないか?
それでも、手放すことを考えると身を引き裂かれるような思いで。どうしてもつながっていたいと思ってしまう。

壁をなくすことはできないけれど、できるだけ少なくすることはできる。もしかしたら壁を作っているのは、自分かもしれない。
その壁をどう解決していくかは、二人しだい。

そんなふうに主人公たちは、何度も切れかかった糸を何度もつなぎ直して紡いでいく。


私が愛を持ってオススメする一冊です。






歌の発表会まであと1週間だったりする。
わぁーお!!(゚Д゚;


そんなわけで、今日は某スタジオでリハーサルをしてきた。
今まで生きてきた中で、これほどにまで緊張したことがあっただろうか?(…けっこうあったかもしれないww)

とにかく、めちゃくちゃ緊張した!
というか挙動不審だった(((゚Д゚;))
暑い……(´Д`;)
トロンボーンを吹いているときが、いかに冷静かということを思い知った。

なんせ歌は初心者なんでww
楽器をしていると歌も上手いと思われがちだけど、それとこれとは別問題っすよ。
私はトロンボーンは、ある程度使いこなせるけどねぇ…。自分の喉を使いこなすのは難しいっすよ(-∀-;)

とはいえ…、やっぱり生演奏で歌うのは楽しい!(*゚∀゚*)
本番まで、あと1週間。
しっかり体調管理をせねば…。

はー、リハ終わったばっかで頭の中真っ白だわー。